【レシピ】ふんわり☆しっとり定番カステラはちみつ無しで

カステラ

Sarry
こんにちは!Sarryです。台湾カステラが流行っていますが、たまにシンプルで生地がしっかりした素朴なカステラが食べたくなります。カステラ・・作りました!(^^)/

 

カステラ

 



 

定番☆素朴なカステラ 作り方 18㎝スクエア型

  • 卵・・3個
  • 三温糖・・170g
  • ケーキシロップ・・・30g
  • 牛乳・・・30g
  • サラダオイル・・30g
  • ラム酒・・小さじ1(お好みで)
  • 薄力粉・・120g

 

定番☆素朴なカステラ 作り方

1 材料を準備する。 カステラの材料
2 卵を卵黄と卵白に分けて、卵白をハンドミキサーにかけ、三温糖の半量をいれメレンゲを作る。
3 固めのしっかりしたメレンゲの完成。
4 卵黄にサラダ油、牛乳、ケーキシロップ、ラム酒を入れて混ぜ合わせる。
5 残りの三温糖を入れて混ぜる。
6 メレンゲを数回に分けて入れ、さっくり混ぜる。
7 強力粉をふるっていれ、さっくり混ぜる。
8 混ぜた感じ。
9 型に生地をいれて表面を平らにし、170℃で予熱したオーブンで約30~40分焼く。途中竹串でチェックして生地がついてこなければ焼きあがりです。
10 焼けました。 定番カステラ
11 型から出します。ラップに包んで1晩寝かせるとしっとり感がまして美味しく食べごろです。 カステラ
12 お好みの大きさにカットして完成! カステラ

 



 

補足、まとめ

カステラ

焼き上がりはカステラっぽくなかったけど、カットしたらあら、文明堂チックなカステラが出来ましたー(^^)/!

日本式王道のカステラもやっぱりシンプルに美味しいですね!わりと日持ちするのでちょっとづつ仕事の合間に食べたり、今回は会社の同僚におすそ分けしました☺

 

焦げ防止をしましょう

オーブンでケーキを焼くとどうしてもオーブンの癖によって表面が焦げてしまいます。せっかく焼いたケーキが真っ黒だと残念なので、途中で表面に焼き色がついたらアルミホイルを投入しましょう!そうすると火の通りを調整できるので焦げ防止になります。

 

アルミホイル

 

カステラは卵の数が多い?

egg

 

カステラのレシピをチェックすると、卵を6個とか8個とか💦沢山使っているレシピがほとんどですが、そんなに卵を使いたくないし、簡単に手元にある材料にて作ってみました。今回は3個使いにて作成です。

又、みりんを入れてちょっと照り感を出したり、ザラメをプラスしたり、はちみつを入れたりアレンジ自在です。今回はみりんの代わりにラム酒を、はちみつの代わりにケーキシロップを使って家にあるもので代用です。

バナナをいれるとバナナケーキのようなバナナ風味のカステラが楽しめます。

カステラ

 

台湾カステラ vs 日本のカステラ

最近日本では台湾カステラが流行っています。台湾カステラはふわふわっとエアリーな食感が美味しいです。スフレケーキに近い感じで私もよく作ります。台湾カステラ焼く時に湯煎焼きをするので蒸しケーキチックな感じも。

台湾カステラ

 

日本のカステラはしっとり感があって、生地もしっかりしているので食べ応えがあります。こちらは湯煎焼きはしません。スポンジケーキとパウンドケーキの間みたいなイメージがあります。

カステラ

どっちも美味しい。

ティータイムにいかが?

Thank you for visiting my page 🍀



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
sarry
独学でお菓子を作り始めてはや5年くらい。旅好きで現地で見つけたお菓子をアレンジして作ったり。旅先できままに本を読んだり。日々の出来事をつぶやいています。2020年7月より4か月間休職しました。11月に復帰!まだ慣れないし、のんびりいきます。