2つを比較 オレオとノアールの違いを比べてみました

ココアクッキーと言って思い浮かべるのは何ですか? やはり定番のオレオを思い浮かべる人が多いと思います。

そしてもう一つはヤマザキのノアール。

どちらも真っ白なクリームをサンドしたココアクッキーでサイズ感も見た感じ一緒です。

そんな2つのクッキーを今回比較してみました。

 



 

オレオとノアールが生産された生い立ち。

オレオとノアールについて調べてみました。

オレオの生い立ち

オレオの歴史
  • 1912年に「オレオビスケット」の名前でのナビスコが販売を開始
  • 1921年に「オレオサンドイッチ」に名前変更
  • 1948年に「オレオクレームサンドイッチ」に名前変更
  • 1974年に「オレオチョコレートサンドイッチ」に名前変更
  • 1987年に同じヤマザキナビスコから「オレオ」として日本上陸で発売
  •  2016年9月よりモンデリーズ・ジャパンがヤマザキからオレオの販売を継承 (ライセンス終了による) 
オレオの名前ってコロコロ変わっていたのですね。それに調べていると衝撃的なニュースが…

1908年に販売を開始していたサンシャインビスケット社のハイドロックスクッキーの模倣品であった!! 💦えー!パクリ? 😯 wikipedia参照

【余談】 サンシャインビスケット社のハイドロックススクッキーって?今はあるのでしょうか?Wikipediaによると、2015年に復刻されて、アメリカのスーパーで買えるそうです。

Hydrox100 jeh

Hydroxlarge
 Wikipediaより引用

さて、オレオですが、現在のヤマザキビスケットが生産していましたが、米国ナビスコとのライセンス契約切れの為、生産終了へ。

現在は、モンデリーズ・ジャパンが販売を行なっています。ガムの「クロレッツ」が有名ですね!

問題は・・・・製造が日本から中国に移ってしまった事。日本製のオレオはもう食べれないのが残念です。。💦

 

ノアールの誕生

ノアール誕生

2016年2月、親会社である山崎製パンと、ナビスコブランドを所管するモンデリーズ・インターナショナルが、両者の間で締結されていたナビスコブランドのライセンス契約を同年8月31日をもって終了。翌9月1日付で社名を「ヤマザキビスケット株式会社」に変更。

2017年12月、 旧ナビスコライセンス商品の類似製品の製造販売に対する制限解除に伴い、「ノアール」を製造。 Wikipedia参照

 

法律の関係上、制限解除にならないと類似品がつくれないのですね。暫くココアクッキー系が発売されるまで時間がかかってた気がしました。

 

オレオのパクリ!💦とも言われているノアールですが、そもそもオレオもハイドロックスクッキーのパクリなので、どっちもどっちででしょうか……(笑)

実際にオレオとノアールを比較してみました。

オレオとノアールの外観チェックしてみました。

オレオとノアールを比較すると、大きさ等サイズ感はほぼ一緒です。(デザインは違いますが)、パッケージも同様です。ノアールのテーマカラーが赤でオレオがブルー!

    

形状を比較してみます。ノアールが丸みのあるデザインで、オレオがちょっとシャープなデザイン。どっちも中央に文字が入っていて、ノアールがYBC、オレオがOREO。色的にはオレオの方がダークな感じです。

 

クリームを比較してみます。クッキーを剥がすときにノアールはキレイに剥がれたのに対して、オレオはちょっと剥がしづらかったです。(ちょっと崩れてしまいました)色は、写真をみてわかるように、ノアールのが白感が強いですね。

 

オレオとノアールの味の違いを比較してみました。

 

オレオ
グローバルにメジャーなオレオですが、現在100カ国で販売されていて、おいしさは世界標準。味ですが、サックリ食感のココアクッキーとクリームのバランスがおいしさを引き立てています。ノアールと比較するとクリームが甘いかな。

ノアール
なんと言っても国産のノアール。やっぱり日本人好みに仕上がっていると思います。そしてオレオの技術をそのまま受け継いているので、美味しいー。クッキーもサクサク食感で、オレオと比較するとクリームも甘さ抑えめで、クッキーはオレオよりココアのほろにが感を感じました。

食べ比べた結果、どちらも美味しいのですがクッキーのほろにが感とクリームの甘さ控えめな点で、

ノアール 派です。

かし、個人的にはノアールですが、他の人はどうだろう?どっちの方が実際に人気なのか…

シャアハウスに住んでいるのでハウスメイトにご協力いただいて食べ比べをしてもらい、どっちが美味しかったかアンケートを取ってみました。

結果がこちらです。👇

い、以外な結果に💦💦・・・。。

  • オレオ派  11名
  • ノアール派 3名

 

今回は、14名のハウスメイトにアンケートを取ったら、

な、なんと オレオの勝利 ❢

断然オレオの方が美味しいとのことでした。やっぱりシェアハウスのメンバーはグローバル感覚をもっているのかオレオ派がほとんどでした。(予想外です)



 

オレオにまつわるちょっと気になるニュース

そんなオレオですが、最近の動向か面白いニュースが話題になっています。

オレオのクリームがスパイに狙われている??

オレオって話題豊富です。オレオにまつわる面白ストーリーを紹介します。

オレオの白の技術が中国に売られていた!!

今年の4月朝日新聞にてアップされた記事。オレオとあったので気になってチェックしてみました。

「オレオの白さ」までスパイの標的に 中国が欲した技術

世界100カ国以上で愛されるビスケット「オレオ」。黒いクッキーにはさまれたクリームはどうしてあんなに真っ白なのか――。1990年代初め、鄧小平の号令で改革開放を加速させた中国は、先を行く国々の技術を自分たちのものにしようとしゃにむになった。あの白さを生み出す技術も。。

米化学メーカーのデュポンに差出人不明の手紙が届いた。内容は・・・

技術が盗まれ、中国に売られています』

犯人はウォルター・ルー(62)、マレーシア出身で米国の大学院に学び、米ヒューレット・パッカード(現HP)に勤めた経験がある中国系技術者だった。

スパイの妻が向かった先は 

デュポンからの通報を受けて調べを進めていた米連邦捜査局(FBI)の捜査官が11年夏、ルーの自宅宅に踏み込んだ。

捜査官はルーの妻の財布に入っていた貸金庫のカギを見逃さなかった。捜査官が妻に問いただすと、ルーは中国語で「何も知らない」と答えるよう誘導。妻はそれに従ったが、その捜査官は中国語を解した。   朝日新聞デジタルより引用

あー。。これより先は有料会員で読めない💦

興味のある方又は、有料会員の方はぜひチェックしてみてください。

朝日新聞デジタル(オレオクリーム)

海外のサイトにもオレオのクリームスパイニュースがありました。

オレオの白い技術が欲しい中国企業が米国デュポン社に打診したところ、高額だったので、いっそのこと高いから技術を盗んじゃおうッてことでスパイ活動をしたところ、FBIに発覚して捕まってしまったという話です。

 

オレオクリームの白

オレオのクリームの秘密は数百万ドルの価値があり、アメリカのテレビでは、国際的なスパイ活動のスキャンダルの中心にあると当初話題でした。

「オレオのクリームに追加された特別な配合で、完璧な白の色合いになっています。」

普通に買って食べていた、オレオのクリームにそんな価値があったのなんて知りませんでした。

 

オレオやノアールを使ったレシピ

オレオやノアールはお菓子作りにとっても大活躍。一番に思いつくのがディーンアンドデルーカのオレオマフィンでしょうか?

他にもアイスクリームやチーズケーキの土台にしたり、オレオスイーツは市販でもたくさん販売されています。

今回はオレオスイーツを作るときに、そういえばノアールもあったな?どっち使って作ろうかなと思った時の為、比較をしてみました。

ノアールでマフィンのレシピはこちら👇

 

まとめ

オレオとノアールの2つのココアクッキーを比較検討してみました。

個人的にはノアール派だったのですが……シェアハウスのメンバーにアンケートをとったら、ほとんどの人がオレオ派だったのにびっくりでした。

興味のある方は2つを食べ比べてみると面白いと思います。

コーヒーに合う、オレオスイーツレシピも色々アップしていきたいと思います。

Thank you for visiting my page!

 



 

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

sarry
独学でお菓子を作り始めてはや5年くらい。旅好きで現地で見つけたお菓子をアレンジして作ったり。旅先できままに本を読んだり。日々の出来事をつぶやいています。2020年7月より4か月間休職しました。11月に復帰!まだ慣れないし、のんびりいきます。