【レシピ】現地イタリアのマンマに習った☆イタリアンアップルケーキ

リンゴのケーキ

Sarry
こんにちは!Sarryです。けっこう前ですが、イタリアに家庭料理留学を1週間だけしたことがあります。その時に習った簡単で美味しいリンゴのケーキ!イタリアマンマ伝授のレシピリンゴのケーキ作りました!秋はリンゴの季節ですね!

イタリアンアップルケーキ

 



 

イタリアマンマ伝授☆リンゴのケーキ 材料 18cm丸形

  • 卵・・・2個
  • グラニュー糖・・・80~100g
  • 薄力粉・・・150g
  • ベーキングパウダー・・小さじ1
  • ヨーグルト・・・120g
  • ラム酒・・・大さじ1
  • レモン・・・1個
  • リンゴ・・・1個

 

イタリアマンマ伝授☆リンゴのケーキ 作り方

1 材料を準備する。レモンの皮はすりおろす。
2 リンゴをカットする。 リンゴ
3 リンゴをレモン汁につけておく。 リンゴ
4 ボールに卵とグラニュー糖をいれてハンドミキサーで生地がもったりするまで混ぜる。
5 混ぜた感じ。生地がもったりリボン状におちるくらい。
6 薄力粉とベーキングパウダー合わせてふるい、さっくり混ぜる。
7 ヨーグルト、レモンの皮のすりおろし、ラム酒をいれて混ぜる。
8 レモン汁につけておいたリンゴをいれてまぜる。
9 生地を型に入れる。180℃に余熱したオーブンで約35~40分焼く。
10 焼けましたー(^^)/
11 型から出してケーキクーラーにのせ粗熱をとる。 リンゴのケーキ
12 粗熱が取れたら粉砂糖をふりかけて完成! リンゴのケーキ
13   できましたー。 リンゴのケーキ

 



補足、まとめ

イタリアンアップルケーキ

ごろごろ果肉のリンゴがはいったイリンゴのケーキ!イタリアのマンマに教えてもらった素朴でおいしいケーキです。レモンもはいっているのでほんのりレモンが香ります✨

この生地にはバターやオイルなどの油脂がはいってませんが、しっとり弾力のあるケーキに仕上がりました🍎

 

イタリア☆フィレンツェにて

イタリアトスカーナ

イタリアフィレンツェでお料理レッスン

割と前にイタリアにお料理レッスン1週間コースに参加しました。場所はトスカーナ州のフィレンツェです。

現地のマンマのお家🏠を訪問し、お家のキッチンでお料理を習います。もちろんイタリア語わからないので通訳さんも同行しました。

その時に習ったのがこのりんごのケーキ。秋になってリンゴを見てふと当時の事を思い出しながら作りました。🍎✨。

当時焼いた林檎のケーキです。現地ではガラスのスクエア型の容器に生地をいれて焼きました。

 

イタリアンアップルケーキ

焼き上がりはカットして頂きました。

イタリアンアップルケーキ

イタリア現地で習った際にバニラパウダーをこのケーキに使っています。日本ではなかなか購入難しいので、代わりにラム酒使ってます。これは日本のスーパーで見たことがありません( ̄▽ ̄;)。

バニラパウダー

 

イタリアフィレンツェが舞台の映画『冷静と情熱のあいだ』

 

 

イタリア、フィレンツェは石畳の街並みでとても素敵なところでした。コロナや円安で海外旅行はぼほ行きづらくなりましね。そんなフィレンツェの素敵な雰囲気を楽しめる映画があります。一昔前になりますが、フィレンツェが舞台となっている竹野内豊さん主演の『冷静と情熱のあいだ』です。もちろん私も現地に行く前にチェックしました。

ロケ地がイタリアもいいのですが、ストーリーも素敵で引き込まれました。見たら絶対行きたくなると思います。

 

duomo

 

アマゾンフライムでで視聴できます☺

冷静と情熱のあいだ 

 

秋はやっぱりリンゴの季節!リンゴのお菓子!

10月になるとスーパーに並ぶ果物も季節に合わせて変わってきます。ちょっと前まではスイカや桃が並んでいたのに、🍎林檎や柿、栗などが出始めました。(^^)/

うれしいことにリンゴの値段もお手頃になって、ケーキやアップルパイなど、りんごのスイーツを作りたくなりますね☺

 

rose apple pie

 

林檎スイーツで秋の味覚をたのしみましょう!

Thank you for visiting my page🍀



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
sarry
独学でお菓子を作り始めてはや5年くらい。旅好きで現地で見つけたお菓子をアレンジして作ったり。旅先できままに本を読んだり。日々の出来事をつぶやいています。2020年7月より4か月間休職しました。11月に復帰!まだ慣れないし、のんびりいきます。